top of page
  • fk113

個人山行 三本杭(1,226m)、篠山(1,065m)

愛媛県 日本三百名山

●日 程

2023年11月24日(土) 日帰り


●メンバー 

しずく(リーダー) 、 みっちゃん


●コースタイム 

 <三本杭>

  万年橋7:05…滝見台7:40…三本杭山頂10:25/10:40…御祝山11:35…万年橋12:40

      (行動時間5時間35分)

<篠山>

8合目登山口16:00…篠山山頂16:35…8合目登山口17:05

  (行動時間1時間5分)


前夜、愛媛県松野町「末廣旅館」に泊まる。夕食は、四万十川で取れた川エビ、ウナギ、鮎などの料理が出た。今回は、愛媛県にある300名山二座を一日で登る計画だったので翌朝、朝食を早めに摂り6時半に宿を出発する。最初に登った三本杭は、山とか岳がつかない変わった山名で、「藩政時代に宇和島藩、吉田藩、土佐藩の三藩が立てた三本の領地の境界標柱に由来するらしい」 登山コースは滑床渓谷入口にある万年橋からの周回とした。登りは、滑床渓谷沿いに滝あり渡渉ありと渓谷美を満喫し、落ち葉に埋もれた路を歩く。5~6回の渡渉では、ロープが張られているので安心して渡ることができた。滑床渓谷は「日本百名谷」に入っていて四国を代表する沢登りのメッカとのこと。

山頂から石鎚山が見えるはずだったが、残念ながらガスで眺望ゼロ!! 山頂で写真を撮り早々に下山する。下山途中で富山県から来たという単独のお兄さんと出会った。彼は、篠山を登ってからこちらに来たようで、我々と逆コースだ。御祝山を過ぎたところで、下山道を沿うようにセンリョウが見事に咲いている光景に初めて出会った。下山後、車で3時間走り次の篠山へ向かう。篠山は、南伊予の霊峰で山頂に神社が建っているので、登山道のほとんどが階段だ。この日の天気は、予報どおり風が強く、神社へ向かう最後の階段で強い横風を受け、転倒寸前で二人して思わず階段に手をついた。4月下旬、アケボノツツジの群落…登山者で賑わうらしいが、この日は誰とも会わなかった。 今回、三百名山を二座ゲットできたことで、残り35座となった。 記: みっちゃん









閲覧数:13回0件のコメント
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属
bottom of page