top of page
  • fk113

個人山行 西黒尾根~谷川岳

●日 程

2023年6月16日(金)~17日(土)


●メンバー

フッ君(リーダー)、プー子様

 

●コースタイム 

6/16 

豊島園 22:00発―(関越道)-赤城高原SA (仮眠)

6/17

谷川岳ロープウェイ駐車場 6:44発 =取り付き 6:54~6:58= 休 憩 7:28~7:34 =ラクダの背 8:44~8:55= 休憩 9:35~ 9:45 = トマの耳<1963m>=肩の小屋10:55~11:15 =熊穴沢避難小屋 12:06~12:15= 天神平ロープウェイ 12:50


●行動時間

   4時間40分+休憩1時間26分 行動時間 計 6時間6分


 北アルプスへのトレーニング山行第二弾、連続5週目の山は、日本三大急登の西黒尾根。週明けから心配していたお天気も土曜日から晴れ、朝から良い天気に恵まれた。

  谷川岳ロープウェイの駐車場から登山指導センターの先にある取り付きからスタート。確かに急登だが、道はしっかりしている。雨上がりで樹林帯を抜けるまでは、ぬかるんでいる所も有り、滑らないよう気を付けながら登る。かなりのハイペースで快調に高度を稼ぎ、1時間半程だろうか、樹林帯に飽きた頃、目の前が明るくなり、いっぺんに眺望が開けた。気持ちの良い尾根を暫く進むと、岩場と鎖場の連続となり、久し振りにワクワクする。遠くに見えていた雪渓が大きくなり、ラクダの背から見えていた谷川岳も徐々に近づいてくる。天神尾根から登ってくるハイカーが見え始めると静かだった山歩きは一変し、人の合間を縫って、賑やかなトマの耳に到着。『西黒尾根、大変楽しゅうございました!!』






ランチタイムを兼ねて、ゆっくりと展望を楽しんだ後、下山は天神尾根から下山、ロープウェイを利用。ロープウェイ代は、片道¥1,800 と、やはり値上がりしていた。

 1時間以上早く下山したので、以前は混んでいて整理券迄発行していた”湯テルメ・谷川”へ。だいぶ年季が入り昭和チック感が否めない温泉センターだが、空いていてゆっくり疲れを癒せた。その後は、インター近くのお店で、マイセレクトの”生ドラ”を買って帰京。充実の一日となった。


 

記:プー子様



閲覧数:8回0件のコメント
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属
bottom of page