top of page
  • otukazoo

個人山行 鍋割山

●日 程

2023年11月23日(祝・木)


●メンバー

フーミン(リーダー)、タロウ(サブリーダー)、ターボ、まい


●コースタイム 

渋沢駅北口 神奈川中央交通バス停 渋02系 大倉行きバス8:20乗車 ~ 大倉バス停(8:55) ~ 二俣(10:15)休憩 ~ 後沢乗越(11:05) ~ 鍋割山荘(12:15)昼食 鍋割山荘(13:00) ~ 小丸 (13:24) ~ 大丸(13:44) ~ 天神尾根分岐 (14:05) ~ 小草平(14:40) ~ 駒留茶屋 ~ 観音茶屋 ~ 大倉バス停 (16:26)


前日の夜から生暖かい空気が漂っていました。朝も11月なのにそんなに寒くない。

雲は多いですが、晴れて空が青く澄んでいます!

渋沢駅のバス停は長い列。さすが丹沢、人気です。

フーミンさん、タロウさんが早い電車で来てくれ、一番に並んでくれたので座れました。感謝。

 

最初はなだらかな登り。整備された登りやすい道です。

小さな滝があったり、小川を渡ったり。水の流れる音が心地よい。

紅葉はいろんな色があり、黄色、オレンジ、赤などがまざって、あたたかみのある美しさ。

鮮やかな赤もあり、「うわーきれい!」。写真をたくさん撮ってしまいました。

途中に、水の入ったペットボトルがたくさん置いてありました。

鍋割山荘にボランティアで水を運んでくれる方はお願い、というペットボトルです。

タロウさんとターボさんが大きなペットボトルをザックに入れていました。尊敬です。

そのあたりから急登になりました。あの頂が山頂か、と思ってからも、けっこう長く歩きました…

チラチラと見える富士山は、上のほうだけでも威厳あり。松竹映画の富士のようです。

街や相模湾も見渡せました。「遠くまでよく見える日だ」と皆さん。

 やっと頂上に到着。どーんと富士山が見えます!雪の積もり方も完璧な富士!

13時前でも、売り切れたら終わりという鍋焼きうどん。列ができていて、まだありそう。

鍋割山荘の方々が手早くさばいていくので、すぐ自分の番になりました。

鍋焼きうどんは1500円。2019年に値上げしたようです。昔は700円?だったとか。

たまご、かぼちゃ天、きのこなど、具だくさんで、少し甘めのつゆがおいしかったです。

山頂でこんな温かくて立派なものをいただけるなんて、ぜいたくです。

若者も多く、たくさんの人が好きなところに座って富士山を見ながらうどんを食べていました。

鍋焼きうどんの吸引力たるや。利益よりも苦労のほうが多いのでは。山荘の貢献度高し。

 

下りは何となく見たことある道が…なんと10月に登った塔ノ岳のバカ尾根でした!

鍋割山と塔ノ岳は縦走できるのですね。そんなことも知らず…

あの、みんなが辟易していた下りのバカ尾根。知らなくてよかった気もしました。

 

下りも木道などが整備され、フーミンさん「木道をつくった人は大変だったろう」。

見覚えのある山荘や茶屋。延々と続く下りをついに終え、真っ暗になる前に下山できました。

今日のタイムはほぼ予定通りでよかった、とのこと。脚はかなり疲れましたが、達成感☆

おかげさまで有名な鍋割山を登り、鍋焼きうどんを食べることができました!

皆さんの歩数計は3万歩超え。よく歩きました。おつかれさまでした~~

(記:まい)





          

閲覧数:36回0件のコメント

Comments


東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属
bottom of page