• tmy

個人山行 岩櫃山 (801.6m)

最終更新: 2月19日

●山行日:2019年11月17日 PM

●メンバ-:しずく・みっちゃん

●コース

平沢登山口13:15→本丸跡13:40→尾根通り→15:00山頂   15:20→沢通り→

平沢登山口下山15:50       (行動時間:2時間35分)


道の駅「霊山・嵩山」のに茅葺屋根の古民家があり、10割そばを食べさせる。

マイタケの天ぷらとそばでお腹を満たし、大河ドラマ「真田丸」で、お馴染みの6文銭の旗に導かれ、「岩櫃山」に向かった。

立派な案内所が設置されていた。多くのパンフレットやガイドブックが所狭しと置かれていた。ガイドさんから、一般的な登山コースを教えて貰う。

平沢登山口に向かうと「3合目」の標識が立っている。(1合目は何処なのだろうか?)尾根コースと言われる登山道から入り、本丸跡地に到着する。真田兄弟は幼い日をこの山城で過ごしたと案内板に書かれていた。更に奥に進むと本格的な登山コースに入る。短い鎖の下がっている岩稜帯を登ったり、巻いたりしながら、「天狗の蹴上石」と言われる7合目に到着。この鎖場を登り切ると8合目となる。そこから向いに山頂が望める所が9合目。我々の前のペアはここで引き返すという。目の前に山頂を見ながら、もったいない。細い尾根道を1度下り更に登り返して山頂の岩場に辿り着く。2本の鎖をつなぎ山頂に登る。気分爽快!!短時間で、変化の多い岩稜歩きを楽しめた。帰りは沢コースで、下山する。石のゴロゴロ道をくだる。30分程で平沢登山口に到着する。物足りなさもあり、次回は違うコースに挑戦したいと思った。



0回の閲覧
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属