• tmy

個人山行 日光白根山

●山  域 : 日光   

●山  名 : 日光白根山(2,578m) 

●日  程 : 2020年8月28日(金)夜~29日(土)

●メンバー : L.プー子様 M.EF30・ゲンさん

●コースタイム:

8/28(金)  高円寺23:30 -(ゲンさん号)-

8/29(土) 丸沼高原駐車場 2:00着 (仮眠))

丸沼高原7:30-(ロープウェー)-山頂駅7:37~7:50=七色平分岐8:18=

=休u8:36~8:45=山頂直下9:14~9:20=日光白根山山頂9:50~10:06

=七色平分岐11:34~11:42=眺望良し地点12:28~12:38=山頂駅12:50 

●歩程 4h11m+休憩 49m= 行動時間 計5時間

  都会の灼熱地獄を脱するべく、関東以北最北端の「日光白根山」に行くことにした。今回は、体力不足メンバーも考慮し、楽々ロープウェー山行。始発のロープウェーに乗る為、前日夜発、深夜に現地入りする。予想以上に始発を狙うハイカーが多いのにびっくり。油断大敵。久し振りに来た、山頂駅の周辺は綺麗にオシャレに変身。 一同、神社の所から入山し、暫く歩きやすいハイキングコースを行く。


           登山口


周辺にはカニコウモリの群生が珍しい。七色平を過ぎると斜度が増し、風が恋しくなってくるが、振り返ると上州武尊方面が一望出来、気持ちが良い。ジグザクにどんどん高度を稼ぎ、森林限界を超えると、目の前が広がる。

ザレ場,岩場を登りきると、山頂は密だった。狭い山頂で慌ただしく写真を撮り、菅沼方面にそそくさと下山開始。忘れていた急な斜面が続き、気が抜けない。エメラルドグリーンの五色沼や管沼に一喜一憂し慎重に下る。管沼からの登りはかなり辛そうだ。


           記念写真も順番待ち。すでに日焼け。



山頂付近からの五色沼



管沼分岐からは楽々遊歩道かと期待したが、台風の爪痕が残っているのか狭くて荒れた急斜面が続く。このルートは人気が無いのか、三蜜とは無縁。

六地蔵と血の池地獄を経由し、ロープウェー山頂駅へと戻る。またまた、密な世界へ。

左から:火山の山~・眼下に萱沼・六地蔵


           血の池地獄(水場たまり??)


下山後は、お初の「座禅温泉」でゆっくり汗を流し、また灼熱地獄の東京へと戻った。


日光白根山全容

                                (記:プー子様)



9回の閲覧
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属