• tmy

個人山行 飯能アルプス(第四弾) ”いよいよ最終回!!”

子の権現

●日  程 :2021年3月20日(土)

●メンバー :L / プー子様、M / EF30 

●行  程

西吾野駅8:38出発=森坂峠9:00~9:07=イモリ山<430m>9:25~9:31=子ノ権現

10:18~10:28=天目指峠11:19~11:28=鉄塔(昼食)12:08~12:38=高畑山12:44=

古御岳<830m>13:26~13:35=伊豆ケ岳<851m>13:55~14:05=正丸駅15:28

【歩行時間:5h29分+休:1h21分=6h50分】


 週末ごと天気がぱっとしない中、一日曇り確定と踏んで、飯能アルプスの最終回に臨んだ。前回より少し早い電車で前回の終点・西吾野駅から出発。子ノ権現までは、EF30お勧めの破線ルートを選択。破線とはいうものの意外と踏まれておりルートも明確。


お決まり急登ひと上りの森坂峠で衣類調整。椿の花がちらほら見えた頃、登山道から少しそれた岩々山の「イモリ山」。隣の本陣山がおにぎり型で美味しそう。誰もいないルートを進み、分岐の天寿十二丁目からは本線ルート。子ノ権現からは初めてのルート。桜やつつじが予想外に多く目を楽しませてくれる。一時間弱で東屋のある「天目指峠」に下る。舗装道路の峠で、自転車で来る人も多いようだ。


峠からはまた登り。アップダウンの道が、心なしか広くなってきてメジャーなルートに思えてくる。段々眠気と空腹が襲ってきた為、高畑山の手前の開けた鉄塔のそばでランチタイムにする。標高800m近くともなり風が冷たい。目が覚めた所で出発。小広い古御岳を越えると程なく「伊豆ケ岳」。人気の山の割に誰もいない、二人占め。久し振りの山で懐かしみながら下山するも、男坂を始め所々崩壊し、通行止めでう回路が出来ていた。ここからはひたすら下り、予定通り正丸駅に到着。売店が開いてて良かった!!


12月から毎月少しずつ繋げてきた飯能アルプス。コロナ禍だったからこそ計画出来たと言えるでしょう。                         (記:プー子様)






左:子ノ権現から竹寺方面 /  中: カメ岩



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属