• tmy

4月月例山行「高尾南陵から裏高尾」


· 山  域 : 高尾南陵―城山―裏高尾

· 山  名 : 高尾山

· 日  程 : 2021年4月10日(土)

· メンバー: L/ターボ、L/シンスケ、L/まい、L/ヤジー

ベル子、しずく、ヒロ、カール、モーリー、彦ニャン、サンスケ、トンボ、ミクエモン  うえきち、タムタム、

tomo、KiKi、ツッチー、ナンシー

· コースタイム: 高尾山口8:12 - 9:28草戸峠 9:31 – 10:07榎窪山10:12 – 10:40西山峠10:43 – 11:19 中澤山11:46 - 12:44大垂水峠12:47 – 13:50城山(小仏城山)14:11 – 14:28日影乗鞍 よりバス乗車 計7時間18分(休憩込)


高尾山口集合。うれしいことに、大勢参加となり、コロナ対策で4班に分けて行動開始。今回のルートは、高尾山頂をめざす①-⑥号路とはことなり、南鷹尾山稜を歩く、比較的長いコースだ。高尾山へのルートに比べると人出が少ないが、それでもトレラン組や、逆向き組とすれちがったり追い越されたりしながら進んだ。駅から四辻へ。まだ、山の桜がさいている木立を歩く。




突然、龍登場。倒木に彫られたときいた、見事なアート。記念撮影、パチリ。

春の花々があざやかだ。やまぶき、まむし草、ヒトリシズカ、ニリンソウ、「かわいー!」の連続。

草戸山をすぎると城山湖が見下ろせる。町は、神奈川県相模原市だ。




登ったり、尾根をつたったり、快適な山歩きだ。

途中、腰かけているグループから「脇道してその辻をおりるとニリンソウの群生があるよ。おすすめ!」とおしえてもらった。往復30分ほどとのことで、工程を考えて、断念。しばらく歩くと、こぶりのニリンソウ群生。辻をおりたところの群生は、さぞかし、見ものだっただろうなぁ。





新緑と花と山仲間とのおしゃべりを楽しんだ、春の一日だった。    (ナンシー 記)

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
東京みなと 山の会
東京都勤労者山岳連盟所属